総務相 「ワンセグ携帯もNHK受信料義務の対象」

高市総務大臣は閣議のあとの記者会見で、

いわゆるワンセグの機能が付いた

携帯電話を所持してもNHKと

放送受信契約を結ぶ義務はないとした、

先のさいたま地方裁判所の判決に関連して、

「総務省としては受信契約締結義務の対象と考えている」

と述べるとともに、今後の訴訟の推移を見守る考えを示しました。

スポンサーリンク

いわゆるワンセグの機能が付いた

携帯電話を所持することで、

NHKと放送受信契約を結ぶ義務が

あるかどうかをめぐって、

さいたま地方裁判所は先月26日、

「放送法の『設置』という言葉は、

テレビなどを念頭に一定の場所に

据えるという意味で使われてきたと解釈すべきで、

携帯電話の所持は

受信設備の設置にはあたらない」として、

契約義務はないとする判決を言い渡しました。

NHKは、この判決を不服として、

すでに控訴の手続きをしています。

これに関連して、高市総務大臣は

閣議のあとの記者会見で、

「総務省としては、

受信設備の『設置』という意味について、

『使用できる状態におくこと』

と規定したNHKの放送受信規約を認可しており、

従来から、ワンセグ付きの携帯電話も

受信契約締結義務の対象だと考えている」

と述べました。

また、高市大臣は

「NHKはただちに控訴するという

コメントを出している。総務省としては、

訴訟の推移を見守ってまいりたい」

と述べました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160902/k10010665811000.html

いや、何だろうコレは・・・

ま、NHK料金云々に関しては、

各家庭から集金するのではなく、

税金で運営するように法律を

改正した方がいいのでは?

そうすれば、不公平感も無くなり、

無事解決すると思うのですが、

税金で運営すると、

更なる腐敗が進みそうな気がするのは私だけかな?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。