【法務省】結婚できる年齢 男女とも18歳で検討

法務省は、民法の成人年齢を

20歳から18歳に引き下げる改正案を、

早ければ来年の通常国会に

提出する方針であることを踏まえ、

今は男女で異なっている

結婚できる年齢を男女ともに

18歳とする法改正についても検討していく方針です。

法務省は、民法の成人年齢を

今の20歳から18歳に引き下げるための

改正案を、早ければ来年の

通常国会に提出する方針です。

一方、親の同意があれば、

男子が18歳、女子が16歳からとなっている

結婚できる年齢については、

法務大臣の諮問機関の法制審議会が、

「成人年齢が引き下げられた場合、

男女ともに18歳にすべきだ」と、

過去に答申しています。

スポンサーリンク

これについて、金田法務大臣が2日、

「法制審議会の答申は尊重すべきで、

経緯を踏まえると

民法の成年年齢と合わせて検討していく必要がある」

と述べるなど、法務省は、

今は男女で異なっている結婚できる年齢を、

男女ともに18歳とする

法改正についても検討していく方針です。

http://www3.nhk.or.jp

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存