【毒物】六価クロム化合物・住民を脅かす見えない恐怖《大阪府堺市》

堺市は8日、

堺区七道東町の並松公園の土壌から、

最高で環境基準の460倍の

六価クロム化合物が検出されたと発表した。

シアン化合物も検出された。

今年5月、公園北隣にあった

メッキ工場の解体現場で

化学薬品が漏れており、

市が経緯を調べている。

yahoo!ニュース

  • 大阪府堺市にて、基準の460倍の六価クロム化合物が検出
  • 原因は公園に隣接するメッキ工場の解体作業で、化学薬品が漏れた可能性がある
  • 「運搬車両から薬品がこぼれたのを見た」との目撃情報
  • 喉が痛い、目がチカチカする、吐き気がするなどの住民からの報告
  • 付近の住民などが病院に行った

今年5月より、上記メッキ工場の

解体作業を実施していた。

それに伴い、市は8月末に、

公園内の土壌をを調べた結果、

2カ所で基準値(1リットル当たり0.05mg)を

越える六価クロム化合物を検出した。

このうち1カ所では23mgに達していたそう。

さらに別の地点では、六価クロムだけではなく、

0.2mgのシアン化合物も検出されている。

六価クロムは、通常自然界には

存在しない物質である。

住民から「異臭がする」などの通報が寄せられ、

市は解体業者などに事情を聴くと、

「廃液を積み込む際に工場敷地に漏出し、

ガスが発生していた」

と報告があったそう。

スポンサーリンク

市は現在、公園をフェンスで囲って

全域を立ち入り禁止にし、

詳細な調査を行う方針でいるとしている。

年内には被害状況を確認し、公園の土を撤去し、

廃棄物処理法違反で被害届を出すことも検討している。

調査までに時間が掛かった経緯として、

堺市の山上英信・公園緑地部長は、

「地権者への説明や市役所内部の調整に

手間取った。批判は真摯(しんし)に受け止め、

早急に対応する」と謝罪した。

六価クロム・シアン化合物とはなにか?

六価クロム・シアン化合物は

メッキ加工などに使われ、

非常に毒性が強く、溶液に肌が触れたり、

蒸気を吸い込んだりすると

発疹や炎症が起きるとされている。

六価クロムは極めて強い毒性を持つ。

代表的な六価クロムの二クロム酸カリウムの

致死量は約0.5-1グラムである。

六価クロムは非常に強い

酸化能力を持つ不安定な物質で、

有機物と接触するとその有機物を酸化して、

自身は三価クロムに変わる性質がある。

六価クロムの強い毒性は

この性質に由来するものであり、

自然界に通常は存在しないのもこのためである。

ウィキペディア

シアン化合物
現れる中毒作用として、

消化管粘膜の腐食、血液に対する作用、

酵素活性の阻害、

呼吸中枢を冒すなどがあげられる。

症状としては、吸入、内服後、

数秒~1分程度で、失神、痙攣、

呼吸麻痺が生じ、死亡する。

ウィキペディア

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。