【1000万の報奨金】リオ体操2冠の内村航平へ!

【写真:毎日新聞】帰国後の会見であいさつする体操の内村=喜屋武真之介撮影

【写真:毎日新聞】帰国後の会見であいさつする体操の内村=喜屋武真之介撮影

スポンサーリンク

協会で過去最高額の1000万円!

日本体操協会は14日、常務理事会において、

内村航平(コナミスポーツ所属)に

1000万円の報奨金を贈ることを決めた。

内村は、リオデジャネイロ五輪において

団体総合、個人総合の2冠を獲得した

功績を称えられた形だ。

通常の報奨金は、協会規定に定められている。

しかし、今回は上乗せの報奨金が積み上げられた。

詳細は、

五輪の金メダルの報奨金:50万円

特別報奨金:250万円

これが2種目合計で600万円

さらに、400万円の会長報奨金が

二木英徳会長のポケットマネーから贈られる。

銅メダルを獲得した白井健三には400万円の報奨金。

他の団体総合メンバーに各300万円が支給される。

「2020年東京五輪に向けて、

日本の体操界を活性化させるために報奨金を上乗せした」

と協会は説明している。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。