【小5の女児殺害】女児の母、公判で心境を語る

初公判に出廷した内間利幸被告=福岡地裁小倉支部、イラスト・船田倫子

初公判に出廷した内間利幸被告=福岡地裁小倉支部、イラスト・船田倫子

スポンサーリンク

「絶対死刑に」

15日、福岡地裁小倉支部

(柴田寿宏裁判長)で証人尋問があった。

内容は、内間(うちま)利幸被告(47)の裁判員裁判。

被告は、昨年1月福岡県豊前市で、

小学5年の女児(当時10歳)を殺害したとして

殺人や死体遺棄などの罪に問われている事件だ。

起訴状によると、昨年1月31日、

豊前市の知人宅で女児の首を絞めて殺害した後、

遺体をバッグに入れて自宅に運び遺棄。

内間被告は「殺意はありませんでした」などと述べ、

死体遺棄罪以外について起訴内容を否認している。

女児の母親は検察側の証人として出廷した。

涙で声を詰まらせながら

「娘は誰にでも優しく、どんなことにも一生懸命頑張る、

控えめだけど真面目な子だった。本当に可愛かった……」

「娘を返してほしい。被告は絶対に死刑にしてほしい」

と訴えた。

「一緒に旅行に行くことなどを楽しみに生活していた。

これからの成長を楽しみしていたのにそれを奪われた」

と、悔しさをあらわにし、

内間被告に対しては、

「全く反省していないように感じる。

娘に非があるような主張をし、

母としても女性としても許せない。

これ以上、娘を侮辱しないでほしい」

と、声を荒げた。

母親は、被告や傍聴席から見えないように

仕切りを設けた証言台で、検察側の質問に応じた。

裁判員の一人は涙を浮かべ、

母親の証言を聞き、

内間被告はうつむいたまま微動だにしなかった。

事件後、女児の母親が

心境を明らかにしたのは初めてである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。