【貧乏だと太る】その最大の原因だったものは?

ダイエット

ダイエット

一般的に、

お金持ちだと、好きなものを

好きなだけ食べるから太る。

というイメージはないでしょうか?

ここで、私が提言したいのは、

「貧乏人は太りやすい!」

かな~り暴力的(笑)な言い方ですが、

あながち間違えていないんですよ!

スポンサーリンク

なぜ、貧乏人が太りやすいか?

結果から言うと、

炭水化物過多の食生活に

陥りやすいからです。

消費しやすくて、

安価な食材として上げられるのが、

  • 小麦粉
  • うどん
  • そうめん
  • パン
  • お菓子類
  • パスタ
  • インスタントラーメン

などなど

お気づきになられましたでしょうか?

安くて、手っ取り早い食材の

構成要素は「炭水化物」なんです。

でも待てよ?

炭水化物って太るのか?

炭水化物が太る原因は「インスリン」だったよん

炭水化物は、主に「糖質」で構成されています。

この、糖質を摂取することで、血糖値が上昇。

そして、血糖値が上昇すると、

すい臓からインスリンが分泌されます。

インスリンは、血糖値を下げるホルモンです。

そして、このインスリンが血糖値を上げる。

どうやって下げてるかと言うと、

ブドウ糖を細胞に貯めて

脂肪を作りだすんです。

簡単に言うと

  1. 炭水化物を食べる
  2. ブドウ糖が増える
  3. インスリン発動
  4. 糖を貯蓄
  5. 脂肪生成

はい、出来ましたw

でも、これはあくまでも

一つの例と言う事を覚えておいてください。

体質により、ダイエットによっては

体調を崩したり、病気を促進してしまう事もあるので、

気を付けてくださいね。

私は、夕飯に炭水化物を摂取しないように

食事を組み立てています。

一般的に言う

「夕食」を「朝食」にして、

夕食は、サラダとささみを中心に

摂るように心がけています。

ライター:kosu-usa

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。