【豊洲問題】シアンってなに?

化学物質「シアン化合物」

化学物質「シアン化合物」

都議会の公明党会派、都議会公明によると、

豊洲新市場の水産卸売場棟で、

シアンが検出されたという。

都議会公明によると、9月14日の視察の際に、

水産卸売場棟で採取した水から、

環境基準とほぼ同じ程度のシアンが

検出されたという。

シアンは、濃度が高い場合、呼吸障害、

頭痛、めまいが起きるという。

東京都の調査では、シアンは

検出されていないことから、

都議会公明では、

都に再検査を申し入れるという。

yahooニュースさんから引用

と、報道されておりますが、

一般的には、シアン単体で

検出される事は

ほとんどありません。

さて

では何が検出されたのかというと

「シアン化合物」だと思います。

スポンサーリンク

シアン化合物って何?

シアン化している

相手の素材で

かなりの違いがありますね。

以下が代表的な

シアン化合物です。

  • フェロシアン化カリ(そこそこ毒)
  • 青酸ガス(ものすごい毒・アーモンド臭)
  • シアン化カリウム(青酸カリ・死んじゃう位毒)
  • アセトニトリル(結構毒)
  • アクリロニトリル(すごい毒・アクリルの原料)
  • タバコの煙(まぁ毒かな)

と、毒性も様々。
青梅はそのまま食べたらダメ!

といわれていますが、

青梅にもシアン化合物が含まれています。

豆類の中にも、シアン化合物を

含有するものがあります。

そして、その豆はあんことして

食用にも使われています。

と、上記説明の通り、

シアン化合物にも色々あるって事です。

だからと言って、

今回、豊洲で検出された

シアン化合物が低毒性の

ものであるかは、

わかりません。

続報を待つのも必要ですが、

ちゃんとした情報の取捨選択を、

してもらいたいと思います。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。