【木星の衛星に魚・画像】エウロパに魚が生息している?

エウロパ【出典www.hirahaku.jp】

エウロパ【出典www.hirahaku.jp】

エウロパ (衛星)
エウロパは、木星の第2衛星。2007年までに発見された衛星の中で内側から6番目の軌道を回っている。ギリシア神話の、ゼウスが恋に落ちたテュロスの王女エウローペーにちなんで名づけられており、そのラテン語形である。英語読みからユーロパとも表記される。なお、同名の小惑星 (52) エウロパも存在する。

この衛星はガリレオ・ガリレイによって発見されており、そのためイオ、ガニメデ、カリストとあわせてガリレオ衛星と呼ばれている。

比較的明るい衛星で、双眼鏡でも観察できる。
引用:wiki-エウロパ

前回のNASAの発表では、

エウロパの地殻の下には

液体の水(氷ではない)からなる

海が存在しているとのことで、

生命を生み出すことが出来る

という研究結果が出ていることもあり、

様々な研究者から、

「魚が存在している」という説も

浮上していた。

ネット上には、

「エウロパの生命想像図」

「エウロパの生命想像図」 【出展】http://chomatome.com

「エウロパの生命想像図」 【出展】http://chomatome.com

も出現している。

「生命がいない方が不自然」

と提言している研究者もいるほどだ。

そんな期待を踏まえた上で、

NASA(米航空宇宙局)は、

「エウロパ表面の海の存在と関連する

可能性がある驚くべき活動の証拠」

である、新たな発見について

現地時間9月26日に会見を行うと予告した。


会見ではハッブル宇宙望遠鏡の

観測によって得られた

活動の証拠を発表する

予定であるそうだ。

スポンサーリンク

会見は日本時間で27日3時から

NASAのWebサイトでライブ配信も行う予定だ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。