【500億円規模の融資】ジャパンディスプレイ

早くも資金繰りが悪化

日立、ソニー、東芝の

液晶パネル事業を統合し、

新たな会社としてスタートした、

ジャパンディスプレイ。

主力商品は

スマートフォン向けの液晶だ。

主要取引先は

世界を又に掛けるApple社。

だが、アイフォーンの

販売低迷などを受け、

早くも資金繰りが悪化し、

500億円規模の融資を要請した。

スポンサーリンク

要請先

  • みずほ
  • 三井住友
  • 三井住友信託

上記の3銀行に対し行った。

だが、3銀行は

筆頭株主である

官民ファンド「産業革新機構」が

支援に乗り出すかを

見極めてから、

融資の判断を下す模様だ。


やはり、シャープを筆頭に

この分野については、

東アジアのシェアが伸び、

国内の需要でさえも伸び悩んでおり、

今後の見通しは明るくないのではないか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。