【風邪予防・みかん鍋・レシピ】山口県の風邪予防法が画期的と話題に《太鼓判》

【出典 blog.livedoor.jp】みかん鍋

【出典 blog.livedoor.jp】みかん鍋

夏の暑さも和らぎ

そろそろ冬に向かって

季節が変わって来ます。

そして、寒くなってくると

食べたくなるアレを紹介。

アレ?って何か?

そうです「鍋」です!!

そんな鍋ですが、

全国には、様々な種類の

鍋が存在するのですが、

今回は山口県の、周防名物

みかん鍋をご紹介します!

26日19時から放送の

今夜解決!噂の健康術

名医のTHE太鼓判!

でも紹介予定のみかん鍋。

ビタミンCたっぷりで

風邪の予防にも

効果があると

言われています。

中でも有名なのが

スポンサーリンク

周防大島のみかん鍋!

海の幸と周防産みかんの

見事なコラボレーション!

周防大島は

別名「みかんの島」とも呼ばれ、

山口県のみかんの

なんと80%を生産しているそう。

その、みかんの島のみかんを

ふんだんに使った「みかん鍋」!

そして、周防大島は

名前の通り「島」なので、

一歩出れば、素晴らしい景色の

瀬戸内海!

勿論漁業も盛んに行われています。

この環境から、

「みかん」と「魚介」がコラボした

みかん鍋が誕生しました。

周防風みかん鍋レシピ

えび 2-4匹
白身魚 2-4切れ
白菜 1/4個
ねぎ 1本
水菜 1束
しいたけ 3-4個
しめじ 1/2株
豆腐 1/2丁
みかん 2個

つみれ
白身魚のすり身 200g
1/2個
小麦粉 20g
味噌 10g
少々
みかん 皮のみじん切り 適量

だし
だし かつおだし 500ml
醤油 大さじ2
みりん 大さじ2

その他
柚子胡椒 適量
ご飯 お茶碗1-2杯分
1個
うどん 1玉
しめの雑炊用のご飯・卵、うどんはお好みで用意してください。

みかん鍋の作り方・手順

1:みかんを焼く
みかんを焼く

1人につきみかんを1玉用意して、180度のオーブンで8分ほど焼いておきます。

みかんを焼くことによって、果皮のえぐみを抑え、みかんに含まれる薬効成分を引き出すことができます。

2:魚のつみれをつくる
つみれを作る
魚のすり身、卵、小麦粉、
味噌、塩、みかんの皮の
みじん切りをボウルに入れて、
よく練り混ぜてつみれを作ります。
3:仕上げ
仕上げ1
白菜、ねぎ、水菜、しめじ、
しいたけなどの野菜、白身魚、

豆腐を食べやすい大きさに切ります。

鍋にだし・醤油・みりんを煮立たせたら、

つみれと魚介を入れて風味を引き出します。

残りの具材とみかんを入れて、いただきます。

4:いただきます

いただきます

そのまま食べてもいいですし、
柚子胡椒をつけても美味しいです。

みかんはそのままかじっていただきます。

しめはお好みで雑炊やうどんにしても◎

ガイドのワンポイントアドバイス

みかんの皮は、少々苦味を感じる方もいるかと思いますので、気になる方は皮をむいていただいてみてください。お鍋を食べている最中に、ちょこちょことかじりながらみかんをいただくことで、口の中をさっぱりさせてくれます。

出展:all about

いかがでしょうか?

意外と簡単に作れる

みかん鍋!

みかんが美味しくなる

季節は、もうちょっと先ですが、

是非お試しくださいね。

参考動画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。