【元自衛官が語る】《報ステ》駆けつけ警護ってどうよ?極論披露w《PKO》

【画像出典:陸上自衛隊公式】

【画像出典:陸上自衛隊公式】

こにゃにゃちは、

じつは、筆者は元自衛官で、

現在、予備自衛官として勤務してます。

と、自己紹介はこれくらいにしてw

駆けつけ警護について

お話したいと思います。

現在、自衛隊の追加任務を

閣議で話合われているそうですが、

どうなるのでしょうかね。

自衛隊とは

外国から見たら軍隊です。

これ重要!

筆者自体は、PKOに参加したことは

ないのですが、当時のレンジャー上がりの

上司は、ブルーのベレー帽かぶって行ってました。

じつは、自衛官にも2種類(もっとたくさんかもw)

いらっしゃいまして、

「自分が国を守る!!」

と、鼻息荒く意識の高い自衛官(主にレンジャーの方)

公務員として、職務を全うする方

の、2種類がいます。

こう書くと、後者が悪者に見えますが、

そうではありません。

私も当時は、後者でした。

だから、擁護するわけではないのですがw

詳しくは後で記述しますね。

PKOについて

【画像出典:陸上自衛隊公式】

【画像出典:陸上自衛隊公式】

さて、先ほど外国からは

軍隊として見られている。

と記述しましたが、

なぜ重要かというと、

攻撃対象となるからです。

私もそうですが、日本人ですと、

「武器で攻撃される」と言う事は、

「非日常」という感覚なんですね。

ただし、戦闘地域に、

武器の様に見えるものを持って、

迷彩服着てたら攻撃されます。

そりゃ当たり前ですね。

そして、私が「武器の様なもの」と

書いたのも理由があります。

日本の装備は、武力ではない。

簡単に説明すると、

F1レースに、軽自動車で参戦する様なもの

というのが、現状の自衛隊なんです。

【画像出典:car-moby.jp】

【画像出典:car-moby.jp】

9条がある限り、これは覆せないものです。

だから、国際貢献の為に9条改正が叫ばれています。

私の感覚としては、

PKOに行く=丸腰で戦地へ

という感覚です。

ぶっちゃけ、嫁子供を置いて行ける活動ではありません。

※あくまでも個人的意見です

スポンサーリンク

具体的な例

個人装備で説明をすると、

【89式小銃】現在1人1本持ってる銃です。

射程距離:500m

スコープは無いです。

取り付けは可能ですが、個人装備としては無いです。

取り付けて売ったことがある自衛官は

数えるほどしかいないと思われます。

89式小銃

【画像出典:陸上自衛隊公式】89式小銃

【64式小銃】ちょっと前まで主流の小銃

射程距離:400m

もちろんスコープは無いですよ。

あるにはあるけど、実物はほぼありませんよ。

(武器課だったのに、見たことが無いってw)

64式小銃

【画像出典:陸上自衛隊公式】64式小銃

【AK47】ロシアの粗悪で量産される小銃

射程距離:600m

スコープ:結構いっぱいあるのよね!

AK47

【画像出典:wikipedia】AK47

Oh no !

個人装備でこれです。

日本の武器は、全てこれが適用されると

思ってください。

技術的には可能ですが、

攻撃範囲を大きくすると

「武力」になるのであえて能力を

落としているのが現状です。

いまいち分からない人に説明すると、

550mの地点で、AK47を持ってる兵士と

遭遇した場合、

こっちの小銃では玉が届きませんが、

相手の玉は届くし、しかもスコープを

つかっているので、命中率が

恐ろしいほど高い。

でも、じつは550mでは撃ち合うことは

ほぼ無いですがね。

自衛隊の射撃訓練では、通常200m射撃をします。

そりゃ、的は米粒大ですわ。

肉眼、無風の状態で当るって感じですね。

私は、射撃の成績はAを取ってますが、

これが、戦地であった場合、当てる自信は

余り無いです。

あくまで「射撃検定」という

整った状況での射撃で成績がよい。

ということです。

練度(訓練習熟度)

【画像出典:陸上自衛隊公式】

【画像出典:陸上自衛隊公式】

自衛官の練度は、世界的に見ても

高いほうです。

これは、

同じ武器、同じ状況下という前提での

武力指数と言えばいいのでしょうか?

私が、実際聞いているところによると、

「特課の砲撃精度は世界一」

「高射特課の命中率は、世界一」

などなど

これは何かというと、

自衛隊の射程内での合同練習では、

世界一ってことです。

説明難しいなw

さっきの例えを使いましょう。

各国の兵士が89式小銃で

射撃検定をした場合、

平均の点数は、自衛官がトップという事

400m射撃の訓練になると、

めっぽう成績が下がる。

そりゃ、肉眼で射程ぎりぎりの

的に当てるなんて、神業ですわ。

他の国の装備は、そりゃ豪華です。

もし、私がその装備で射撃したら、

トップ取れるでしょう。

富士総合火力演習

ええ、立派ですよ。

わたしも、昔は第1師団に所属していたので、

参加しましたよ。

準備大変だったよorz

結論

過去の色々な問題からの観点では、

9条は、かなり重要な位置を占めるが、

命を掛けて国を守る自衛官にとっては、

足かせでしかない。

9条がある間は、海外協力はするべきではない。

ようは、駆けつけ警護なんて、

出来ないだろ!!

という結論に達します。

よく、自衛隊の装備を見る祭典などがあり、

「すごいなー」って思うでしょ?

でもね、海外の軍隊から見たら、

ただのおもちゃにしか見えないんです。

「なにそのチ○カスみたいな射程距離はw」

って、外国の軍隊からは、そう思われてます。

北朝鮮の弾道ミサイルは、

日本の装備で落とすのは難しい。

米軍いなかったら、ミサイル打ち込まれる

可能性は、めちゃくちゃ高い。

最後に、例えを一つ

自衛隊の現状を風刺するとすれば、

サバイバルゲームに、

ゴム鉄砲&全裸

で参加するイメージw

極論

あなたは、全裸ゴム鉄砲の人たちに

警護してもらいたいですか?

最後まで、お読み頂き

毎度、ありがとうございます!

P.S

普段は、こんなお願いはしないのですが、

今回の記事に関しては、広く知ってもらいたいので、

フェイスブック、ツイッター、はてなブックマークなどの

拡散をしていただけたら幸いです。

しがない元自衛官からのお願いです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。