【募金詐欺】《名前・謝罪文あり》アメリカで心臓移植は嘘だった!1億5000万円詐欺!りたくんを救う会

りたくんを救う会

【画像出典:りたくんを救う会】

《追記》各方面での報道にて、救う会の名称が

公になっておりますので、当ページも

救う会の名称を記載させていただきます。

こにゃにゃちは

今日は、りたくんを救う会の詐欺事件です。

事件内容

アメリカで、心臓移植が必要!

品川区の小学1年生の男の子が、

拡張型心筋症を患っており、

心臓移植が必要と募金を募ったもの。

募ったのは、りた君の叔母である

岩本まどか(36)

ただ、これが

「大ウソ」

だったのである。

そして、この募金活動の

確認もせずに、

産経新聞・読売新聞

などが、大々的に記事にした事も、

事件の拡大に一役かったのである。

募金内容

  • 拡張型心筋症の手術をアメリカで受けたい
  • 費用は合計で2億円必要
  • 5000万円は親類関係者で集めた
  • 残りの1億5000万円が必要

という内容であった。
記者会見なども開かれ、

先にお伝えした、新聞などが

11月8日大々的に取り上げた。

そして翌9日に

「ウソ」大暴露

流れを追ってみると

記者会見をした岩本まどかは、

りた君の叔母に当たる。

ご本人や両親などに無断で写真を使用。

そしてホームページを開設し

振込み先なども記載をさせて、

募金活動をスタートさせたのだ。

発覚は、りた君の祖母が気付き、

両親に伝えたそうだ。

もちろん、りた君の両親は

弁護士を立てて対応を検討しているそうだ。

スポンサーリンク

岩本まどかの言い訳

岩本まどかは、ADHD(注意欠陥・多動性障害)のため、

今年5月に働けなくなったそうで、

生活に困り募金詐欺を思いついたそうだ。

10月に詐欺団体のホームページを開設すると、

支援者から、会見を勧められたとそうで、

ウソがばれるのが怖くなり、

厚生労働省内にて

会見を開いたという。

岩本まどかは、借金があり家のローンもあったそうだ。

だが、それはダメだろう。

自己破産すればよかったのに、

犯罪者になることを選んだってことですね。

問題点

1.岩本まどかが大噓つき

2.支援者って意識高い系の主婦?

3.厚生労働省よ・・・確認しろやw

4.新聞社さん・・・君たちも確認しようよorz

産経新聞謝罪記事

産経新聞は、事件の内容を記載した最後に、

下記の謝罪文を掲載している。

おわび 8日に掲載した「拡張型心筋症の6歳男児、海外移植へ 募金始まる」の見出しの記事の内容は事実ではありませんでした。確認作業が不十分でした。読者と関係者の皆様にご迷惑をかけたことをおわびします。この記事の見出しと全文を削除しました。

出典:産経新聞ニュース

読売新聞謝罪記事

読売新聞は、事件記事を交えた中で、

下記のような、謝罪っぽいけど

謝罪じゃない謝罪文を掲載している。

読売新聞は同日朝刊の都内向け地域面に「小1心臓移植へ募金開始」との記事を掲載したが、10日朝刊の同じ面に「おわび」を掲載してこの記事を削除した。

中略

本紙は警視庁に情報提供するとともに、都内版の記事を削除し、ヨミウリ・オンラインにアップした同じ記事も削除するなどした。本紙は、担当記者らの懲戒処分を検討している。

引用:読売オンライン

まとめ

読売新聞は

頭が高い

以上になります。

救う会のキャッシュはこちら

※注意:PCのみ、キャッシュなのでいつ見られなくなるか分かりません

いつも、最後までお読み頂き、

毎度ありがとうございます!





%d人のブロガーが「いいね」をつけました。