【無給奉仕でOK】トランプ氏、大統領選挙後、初のTV出演。同性婚認める!

米ニューヨークで演説するドナルド・トランプ氏

米ニューヨークで演説するドナルド・トランプ氏(2016年11月9日撮影、資料写真)。 AFPBB News

こにゃにゃちは!

ドナルド・トランプ氏が

大統領選挙後、初のTV出演をし、

語った言葉が話題になっているそうです。

その出演の内容を

簡単にまとめてみました。

  1. 同性婚は認める
  2. 最高裁判事の人事
  3. 給料はいらない
  4. デモはやめて欲しい

こんな感じです。

それぞれの項目を詳しく

説明させていただきますね。

同性婚は認める

これは、まぁ大統領とか関係ないですが、

トランプ氏もそれを理解しており、

「それは法律だ。最高裁で結論が出ている。

決着済みだということだ」

「それ(同性婚は合法)で構わないと思う」

と語っていたそう。

これは、当たり前だと思います。

Christopher Halloran/Shutterstock.com

Christopher Halloran/Shutterstock.com

最高裁判事の人事

これは日本には余り関係無いので、

取り上げられていない内容ですが、

念の為、記載しておきますね。

最高裁判事の定員は9名だが、

現在1名が空席だそうで、

その、1名を指名するにあたって、

  • 人口妊娠中絶の制限を支持
  • 憲法で認められている武器所有の権利を擁護する

という主張をされている

人間になると明言。

まぁ、武器に関しては

トランプ節があるので、

そりゃそうなりますよね。

スポンサーリンク

給料はいらない

はい、一番重要な話題です。

さすが、金持ちというべきか、

この点については、賞賛に値すると思います。

ただ、法律の規定で給与は受け取らなくては

いけないことになっているそうで、

年1ドルは受け取る

と語っているそうです。

いちゃもんをつける訳では無いですが、

何か裏がありそうだなと

思ってしまうのは私だけでしょうか?

肉を切らせて骨を絶つ戦法?

いずれにせよ、今後の動き次第ですかね。

これは、アメリカもそうですが、

日本の国会議員も見習うべきかと

若干思っています。

  • 金の為に政治家になるのか
  • 政治がやりたくて政治家になるのか

これが、明確に金になっている人が

多すぎかと思います。

もうね、今の国会もそうですし、

地方議員も、金・金・金の問題で

山積みですよ、本当に。

金から一回目を離して

政治にいそしんで欲しいものです。

金

デモはやめて欲しい

これは、先日もお伝えした

「デモが多発」の記事に関係しますが、

トランプ氏の毒舌は、

選挙の為の「役作り」では無いのか?

という事です。

当選後のオバマ大統領との会談でも、

選挙中の毒舌っぷりが、

なりを潜めていたということからも

想像できることかと思います。

トランプ氏曰く

「(トランプ政権を)怖がらないでほしい。国を元に戻していく」

と約束。

マイノリティーに対する嫌がらせや

脅しが急増しているという報道に接して

「悲しんでいる」とも語り、

こうした行為は「やめなさいと言っておく」と訴えた。

引用:AFP=時事

この記事の直訳がすごすぎるのですがw

原文を見ていないので何ともいえませんが、

たぶんこんなニュアンスなのではないでしょうか。

「本来あるべきアメリカの政治を取り戻すだけ。

トランプ政権を、怖がらないで欲しい。」

少数派に対する嫌がらせなどが

表面化しているのには、

「とても不本意で悲しいことである」と話す。

「(選挙で決着した結果なので、)

デモなどは、やめて欲しい」と訴えた。

という内容なのでは無いかと思われる。

まとめ

いずれにしても、

トランプ氏の発言が、

「選挙用のキャラクター」

である事を、

世界中のマジョリティーは

希望しているのには間違いは無いであろう。

併せて、選挙後のトランプさんの

表情が穏やかなのは、

どうしたんだろう。

本当は、こんな顔の人なんだな、

という「罠」かもしれませんw

前回もお伝えしましたが、

トランプ氏は

「やり手のビジネスマン」

である事を、忘れてはならない!

いつも、最後までお読みいただき、

毎度ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。