【噴火】《九州海底》鬼界カルデラに活動的マグマ!噴火で国内死者1億人超え

鬼界カルデラ

【画像出典:日本ジオパークネットワーク】鬼界カルデラ

こにゃにゃちは、

今日は、新しく入ってきた

情報を紹介します。

モノモノしいタイトルですが、

どうやら本当みたいですね。

それでは紹介していきます。

鬼界カルデラに活動的マグマ!

噴火で国内死者1億人超え?

鬼界カルデラの場所

鬼界カルデラ

【画像出典:wikipedia】鬼界カルデラ

鬼界カルデラ(きかいカルデラ)は、薩摩半島から約50km南の大隅海峡にあるカルデラ。薩南諸島北部にある薩摩硫黄島、竹島がカルデラ北縁に相当する。薩摩硫黄島はランクAの活火山に指定されている。

カルデラは北西-南東約25km、北東-南西約15kmの楕円形であり、複数のカルデラが複合したものと考えられている。カルデラ底部の水深は400-500m、海底には多数の海底火山があり起伏に富んだ地形になっている。

引用:wikipedia

ただいま、問題真っ最中の

竹島付近に存在する、

複数のカルデラから形成される

カルデラであるとの事。

そして、直径20㌔の

噴火口をもつ巨大な火山!

20㌔って・・・デカイ

スポンサーリンク

マグマ活動確認?

 神戸大学海洋底探査センター(神戸市東灘区)は18日、九州南方の海底に広がるくぼみ「鬼界(きかい)カルデラ」を調べた結果、熱くて濁った水が海底から湧き出る「熱水プルーム」を5カ所で確認した、と発表した。海底からの高さは最大約100メートルに上る。現時点では噴火予測はできないが、カルデラ直下のマグマが活動的であることを示しているという。

温水プルーム

温水プルーム

調査イメージ図

同センター長の巽好幸教授(マグマ学)のチームは10月13~27日、大学保有の練習船「深江丸」を使い、鹿児島県の薩摩半島南約50キロに位置する鬼界カルデラ(直径約20キロ)内で、ドーム状に盛り上がっている場所などを調べた。

音響測深装置で、水深約200~300メートルの海底に向けて船から音波を出し、反射波を観測。少なくとも5カ所で、海底からの高さ数十メートル~100メートル程度の熱水プルームを見つけた。

チームは地震計5台、電位差計2台を海底に設置。来年3月に行う調査で回収するまで、鬼界カルデラの地震活動などを観測する。巽教授は「熱水プルームがあるということは、地下にマグマがあるということ。数年間調査を続け、マグマの規模や場所を明らかにしたい」と話した。

鬼界カルデラは約7300年前に噴火を起こし、九州南部の縄文文化を滅ぼしたとされる。巽教授によると、こうした超巨大噴火は日本では過去12万年で10回発生。実際に起これば国内で死者が最悪約1億人と想定している。(上田勇紀)

引用:神戸新聞NEXT

これはだな・・・

南海トラフとか、東日本大震災とか

比にならない規模なのだが・・・。

爆発規模比較

富士山の過去最大規模噴火を1とした場合の比較

富士山 1 西暦864年
北海道駒ヶ岳 3 西暦1640年
ピナツボ 11 西暦1991年
御嶽山 29 9万年前 土石流が愛知にまで到達。東京に30cmの軽石層
白頭山 200 西暦936~947年頃 朝鮮半島から日本海を超えて青森に降灰5cm
タンボラ 210 西暦1815年 有史以来最大の噴火でヨーロッパに夏の無い年
薩摩硫黄島(鬼界カルデラ) 220 7300年前 海底噴火にも関わらず九州の縄文文化が滅亡
イエローストーン 2500 64万年前
トバ 2800 7万3000年前 当時の人類が1万人程度まで減少(トバ・カタストロフ理論)
スーパープルーム 1000000以上 2億5000万年前 地球史上最大といわれる噴火 当時の生物の約95%が絶滅

なんだか、想像できない

規模っぽいですね。

富士山の噴火で、

関東地方が滅びる的な

話がありましたが、

富士山って意外と

大人しいのかも知れない

って思っちゃいますよね。

まとめ

世界の噴火などの周期を見ていると、

何万年前とか、何億年とかの

スパンだとすると、

人間の寿命なんて、

本当に一瞬で、

鼻くそみたいな時間なんですねw

地球が出来て、

約46億年といわれていますが、

1億年って、

体感が想像できない時の流れですね。

そういえば、

「3億年ボタン」って言うお話があり、

相当怖かったので、

また、ご紹介したいと思います。

備えあれば憂い無し

《楽天市場》

ではでは、最後までお読み頂き

毎度ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。