【動画】《太陽破壊?》NASAが撮影した、太陽にビームを撃つUFOを発見

太陽にビーム

【画像出典:銃とバッジは置いていけ】太陽にビーム

こにゃにゃちは、

今回は、宇宙ネタだよ。

太陽を破壊しようとしている

宇宙人がいるとの情報を

キャッチいたしました!

考察

2016年11月24日に

NASAが太陽を撮影した際、

偶然に移りこんだものだといいます。

この映像に関しては、

詳細は不明となっていますが、

発光体と太陽の間に、

可視光線が走っているのが分かると思う。

ネット上では、太陽にビームを撃っている

とされているが、

私の考察としては、2種類の解釈が出来る。

  1. 太陽にビームを撃っている
  2. 太陽からビームが放たれている

この2種類である。

さて、まずは動画を見ていただきましょう。

動画

スポンサーリンク

仮説

ネット上で騒がれている、

太陽攻撃説に関しては、

何らかの実験の為なのか、

又は恒星破壊を試しているのか。

いずれにしても、私達にとっては

絶対に欠かせない大切な太陽なので、

変なことはしないで頂きたいというのが

本当の気持ちですね。

次は、私の推論になりますが、

太陽から、発光体に向かって

可視光線が放たれていることであるが、

これに関しては、私も発言するたびに

様々な方から、

「そんな考え方はおかしい」

といわれて来ましたが、

今回、もう一度言わさせて頂きたい。

太陽に住む知的生命体が、

自らの惑星を守る為に、

発光体からへの攻撃をしている。

という仮説です。

既に太陽には、私達の知らない

知的生命体が存在しており、

自分達の身を守っている。

地球に対しての攻撃は無い。

なぜならば、彼らにとって、

地球は脅威ではないからである。

太陽人にとって、地球の環境は

住むのに適していないのだろうと推察できる。

生命が活動するのに、水とか適温とか

そういうものは関係ない。

それらは、あくまでも

「地球に生息する生命」に

必要な環境なのであって、

地球外の生命体に必要な条件では

ないからである。

まとめ

持論へと、話題がそれてしまったが、

今回撮影された、

謎の発光体と太陽の間に、

可視光線が走っている

という事実である。

今後、この画像が解析されて、

それが何であったのかの説明も

されるであろう。

また、続報があり次第

お伝えしたいと思います。

それでは、最後までお読み頂き

毎度、ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。