【鎮火】速報:アスクル倉庫 5日間燃え続け ようやく鎮火!火災原因は?

アスクル倉庫火事

【画像出典:めらそく】アスクル倉庫火事

こにゃにゃちは!

速報をお伝えいたします!!

アスクル倉庫:ようやく鎮火!

みなさんご存知の、

明日来るから「アスクル」の

埼玉県三芳町にある倉庫が

大火災に見舞われていた事件です。

消防の情報によると、

2月22日の午前9:30、

ようやく鎮火にこぎつけた

という情報がありました。

(読売新聞報道)

スポンサーリンク

アスクル火事:読売新聞のニュースの内容

埼玉県三芳町のオフィス用品通販大手「アスクル」物流倉庫の火災は22日午前9時半頃、消防による消火作業で鎮圧された。

倉庫は延べ床面積が約7万2000平方メートルあり、窓や扉が少ない構造で、内部への注水が難しかったことなどから、消火に手間取っていた。

引用:yahooニュース(読売新聞)

アスクル火事:鎮火に手間取った原因

こちらも、色々情報が出ているので

みなさんご存知かと思いますが、

原因1

窓が少なかった!

窓が少ない為に

放水の効率が非常に悪く

火元への直接放水が

出来なかったそうです。

途中から、重機を使い

壁に穴を開けて

そこに放水をしていたそうです。

原因2

可燃物が多すぎ!

配送用のダンボールなどが

大量にあったのも

一つの要因ではありますが、

事務用品を多く扱っている為

紙をはじめとする

可燃物が大量に保管されていた為に

ここまで延焼したと想定されます。

併せて、スプレー缶や

プラスチックなどの

可燃物も大量にあり

それらが爆発などして

消化活動を阻害していたそうです。

原因3

高温になり、建物がもろくなった!

火事となった、アスクルの倉庫は

先にもお伝えしたとおり「窓が少ない」ため

内部の温度がどんどん上昇。

結果、柱としている鉄骨が

変形して溶けはじめ、

建物全体の強度を

著しく低下させていた。

そのため、崩落の危険があり

建物自体に近付くことも

難しい状況であったということです。

アスクル火事:まとめ

私もそうですが

皆さんが一番気になっているのは、

火事になった原因は?

火元はどこか?

放火なのか?

だと思います。

原因に関しては、

続報があり次第

早急にお伝えいたします。

今後、巨大倉庫を持っている各企業も

火災対策を構じる

タイミングではないのでしょうか?

最後に、火災に見舞われた

アスクルさんの一日も早い復旧を

お祈り申し上げます。

それでは、最後までお読みいただき、

毎度、ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。