【パワハラ】録音していた!遺族がヤマト運輸を提訴。

ヤマト運輸本社ビル

【画像出典:つれづれなるままに】ヤマト運輸本社ビル

こにゃにゃちは!

今回は、裁判の行方が非常に気になる話題を

お伝えしたいと思います。

まずは、被害者がお亡くなりに

なられていらっしゃる事件です。

ご冥福をお祈り申し上げると供に、

この記事で、パワハラ事件が1件でも多く

撲滅されることを願っております。

ヤマト運輸:パワハラで自殺

事件が起きたのは、2015年1月末。

長野県内の営業所従業員だった

当時46の男性(当時46)が自殺。

原因はパワハラだった。

男性の経歴を見ると、

1989年7月 ヤマト運輸に入社

2003年 所長に就任

2011年 通常のドライバーに戻る

2012年秋頃 パワハラ開始

2015年1月末 男性が自殺

この経歴にもまた、違和感を覚える。

他の記事では、「所長」ではなく

「センター長」との表記もあったので、

元ドライバーの筆者としては、

センター長であれば理解はできるのであるが、

真相は、今後究明されるかと思います。

スポンサーリンク

ヤマト運輸:パワハラの内容

暴言と暴行があったそうです。

14年5月10日

大きな音を立てたり

(恐らく机を蹴るなど)、

威圧的に怒鳴られたそうである。

「俺、マジいらねぇコイツ、殺してぇなホントに」

「クソみてぇなヤツ」

「半身不随にでもしてやろうか」

「その場で叩き殺すぞ」

「組合でも何でも泣きつけ」

上記罵倒と供に殴る蹴るなどの暴行もあったそうだ。

ここで、ちょっと主観を入れると、

クソは上司なのでは無いかと思う。

時間にして、2時間程軟禁状態であったそう。

「殺す」という文言があるので、脅迫にもなります。

14年5月12日

「本当に役に立たねぇ」

「バカなんだよコイツ!それがむかつく」

「明日から来るな」

また、この日も2時間以上にわたり、

罵詈雑言を浴びせられたそう。

しかも、主管支店の支店長も同席しており、

全く制止もしていないというから驚きである。

上司は、部下をここまで罵るということは、

自分の指導力不足である事は

自覚してないのでしょうね。

ある意味かわいそうな人ですね。






ヤマト運輸パワハラ:今回の最大の特徴

録音証拠がある!!!

ボイスレコーダー

これは、ゆるぎない証拠として、

とてつもないパワーを発揮すると思う。

相手方も、言い逃れが出来ない状況だ。

そして、2日分の録音という事で、

想像するに、録音されていないが、

かなりの回数の

パワハラがあったに違い無いですね。

家族が助言をし、録音していたそうです。

結果は、残念なことにはなってしまいましたが、

家族への相談は、とても重要に思います。

一人で苦しむのではなく、

相談できる相手がいるということが、

被害者の助けになったことでしょう。

担当弁護士

味聖善弁護士(三宅真太郎撮影)

【画像出典:ライブドアニュース】鏡味聖善弁護士(三宅真太郎撮影)

グリーンバックス法律事務所鏡味聖善(カガミマサヨシ)弁護士






ヤマト運輸パワハラ事件:まとめ

どのような裁判、判決になるのか!

注目度がかなり高いかと思います。

お亡くなりになられた、被害者本人

そして、遺族の方々のため、

そして、今後このような行為を

決してゆるさない社会を形成するのに、

とても大切な裁判になりますね。

当サイトでは、引き続き

この事件を追いかけていきます。

それでは、最後までお読みいただき

毎度、ありがとうございます!





コメント

  1.    より:

    このパワハラしたセンター長は死ねばいいと思う。マジでこの世からこういう奴が一刻も早く消えてほしい。

  2. ミルフィー より:

    なぜ、犯罪行為をしているのに、上司の名前が公表されないのでしょうか?電通の事件もそうでしたが、逮捕されなければ、名前を公表することはできないのでしょうか?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。