【意識不明の重体】小5(10)の男の子「ヤマカガシ」に噛まれる!

ヤマカガシ

出典:読売新聞・ヤマカガシ

こにゃにゃちは!

先ほど、速報で流れてきました!

小5の男の子が

ヤマカガシに噛まれて意識不明の重体

とのことです。

え?ヤマカガシって毒蛇なの?

10歳の男の子意識不明の重体

兵庫県警伊丹署は30日、伊丹市荻野の若松公園で、近所の小学5年生の男児(10)が強い毒を持つヤマカガシとみられるヘビ(体長約60センチ)に右手首をかまれ、一時意識不明の重体になったと発表した。

血清を投与され、快方に向かっているという。

同署によると、男児は29日午後6時頃、友人と2人で遊んでいる最中にかまれた。帰宅後、出血が止まらず頭痛がひどくなったため、同8時過ぎに救急搬送された。その後、意識不明となったが、30日に回復したという。

ヘビは友人が捕まえ、リュックに入れて男児の母親に渡した。30日朝、母親が同署に通報した。

出典:読売新聞

スポンサーリンク

ヤマカガシの毒ってどのくらい強い?

まず、ヤマカガシは

毒蛇です!

これを知らない人が

かなり多いのです。

その原因となるのが、

1、ヤマカガシはおとなしい

いままで、毒があるのに

あまり注目されてこなかったのは

ヤマカガシの攻撃性が

低いことが挙げられますね。

マムシやハブに比べて

動くものに対して

いきなり噛んでくる事は

あまりないとの事です。

2、毒牙は奥にある

この写真をご覧ください。

ヤマカガシの毒牙

【出典:危険生物 MANIAX】ヤマカガシの毒牙

ハブの毒牙

【出典:ジャパンスネークセンター】ハブの毒牙

ご覧の様に

ヤマカガシの毒牙は

かなり奥にある。

そして、ヤマカガシには

毒牙を押し出す筋肉が無いそうなので

噛まれても重症化しにくい

という特性があります。





ヤマカガシの毒の強さ!

ヤマカガシの毒の強さは

実は、ハブやマムシよりも強いのです。

さて、その皮下LD50で比較する「日本三大毒蛇(マムシ・ハブ・ヤマカガシ)」の毒性は次のようです。当然ながらLD50の数値が小さいほど毒性は強いことになります。

◇第1位:ヤマカガシ LD50=5.3 (mg/kg)
◇第2位:マムシ LD50=16 (mg/kg)
◇第3位:ハブ LD50=54 (mg/kg)

ヤマカガシは、猛毒で恐れられるハブやマムシを抑えて、堂々の第一位。
ヤマカガシの毒性はマムシの3倍、ハブの約10倍の強さです。
まさに日本一の猛毒の持ち主と言えるでしょう。それがヤマカガシなのです。

出典:アウトドア趣味に関する総合情報サイト

ヤマカガシの持っている毒は

LD50という毒です。

上記の見方としては、

LD50=5.3(mg/kg)

1kgに対して5.3mgで致死量という事。

35kgの体重のお子さんですと

5.3×35=185.5mg

185.5mg=0.1855g

おおむね0.2gで致死量になる計算です。

小5男の子重体:考察

ヤマカガシの危険性はこれくらいにして

ちょっと考察してみましょう。

まず、友達すげぇなw

ということです。

この男の子が噛まれた後

蛇を鞄で捕まえて、男の子の

お母さんに引き渡してます。

たぶんこの子は、生物に詳しく

「この蛇に噛まれた」ということを

伝えるために捕まえたのでは?





ヤマカガシに噛まれ意識不明:まとめ

血が止まらない

頭痛がする

という事で、3時間後に

ようやく病院に行ったそうですが

特別な知識がないのであれば

蛇に噛まれたら即

病院に行くことが大切ですね。

何はともあれ、今回のお子様が

1日でも早く回復することを

お祈りしております。

それでは、最後までお読みいただき

毎度、ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。