【高齢ドライバー】75歳になったら免許は返納するべき?事故事例などを紹介!

高齢ドライバー

こにゃにゃちは!

最近何かと話題になる

「高齢ドライバー」

語って見たいと思います。

高齢ドライバーとは?

簡単に言うと、75歳以上の

運転免許証を持ち、運転されている方。

現在の法律では

3年ごとの更新時に受ける記憶力や

判断力などの認知機能検査で

認知症の恐れがあると判定された場合

医師による診察を受けることを義務化。

診察の結果、認知症と診断されたときは

免許の取り消しか停止となる。

更新前でも、逆走など

一定の交通違反を犯した場合は

臨時検査が課せられることになっています。

スポンサーリンク

高齢ドライバー:事故事例1

乗用車はSA内の駐車場を出て、本線へ接続するランプウェイへ向かっていたが、暴走して路外に逸脱。ガードレールに衝突した。

クルマは中破して炎上。乗っていた60-70歳代の男女4人は延焼前に自力で車外へ脱出したが、全員が骨折などの重傷を負い、近くの病院へ収容されている。

警察では運転操作を誤ったものとみて、運転していた70歳代の女性から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)容疑で事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。

これは、慢心が生んだ事故なのかもしれませんね。

通常「運転業務」に関しては

運転経験が長くなるにつれ

運転技術は向上するものである。

これは、運転されている方なら

お分かりかと思う。

ただ、ここに落とし穴があり

老齢と供に、認識能力が著しく低下するのである。

一番わかりやすいものが、視力の低下である。

やっかいなのは、目が悪くなるのは

認識しにくいのである。

ある日突然視力が落ちるのではなく

徐々に目が悪くなり

視力検査をすると

すごく視力が落ちているという事が多い。

これは、視力だけではなく、

記憶力、運動神経、動体視力

全て老齢と供に衰えてくるのだ。





高齢ドライバー:事故事例2

○○さんの乗用車が同居の孫○○ちゃん(1)をひいた。○○ちゃんは頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。○○さんにケガはなかった。

○○署によると、○○さんが自宅敷地内で、車を後退させた際、○○ちゃんに気付かずひいたという。家族が119番した。○○さんは「バックする際にひいてしまった」と説明しており、同署が詳しい状況を調べている。

なんとも、痛ましい事故ですね。

こちらの事故も

車の周りに誰もいない「だろう」

という運転である。

もし、仮にこの運転手が

若者であったと仮定すると

◆「子供が周りで遊んでいること」を

シッカリと認識していたのではないか?

◆「子供の声」が聞こえたのではないだろうか?

◆「一度降りて」確認したのではないだろうか?

◆「ぶつかった際の衝撃」を感じたのではないだろうか?

上記の全部が当てはまると言う事ではなく

体が元気であれば、車を一度降りることに

躊躇しないのではないか?

感覚が衰えてなければ

様々な予兆が出来るのではないか?

という、あくまで推測である。





高齢ドライバー問題:考察

今後の課題としては

「高齢者が不自由なく暮らせる地域」を

作ることが優先なのではないでしょうか?

ぶっちゃけ、現在は若者に対して厳しく

老齢者に対して優しい社会といいますが、

お年寄りに金をかけるのではなく

サービスの無償化を

すればいいのではないのか?

なんて思ったりもする。

交通費としてお金を与えるのではなく、

無償バスなどの充実を計る。

これは、様々な自治体で

免許返納と供に、

既に提供されている地域もあります。





高齢ドライバー問題:まとめ

現在の社会は

昔の拡大家族ではなく

核家族化が進んでいる。

地域の改善も勿論必要かと思いますが

今一度、ご実家のお父さんお母さんの

現状を確かめてあげてください。

あなたにも出来ることがあります。

免許を返納するのか?しないのか?

親御さんと話をしてみるタイミングは

今なのではないでしょうか?

それでは、最後までお読みいただき

毎度、ありがとうございます!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。