【名前は?】警察官撃たれて死亡 逮捕の大西智博巡査(19)「罵倒され撃った」

巡査が拳銃で巡査部長を射殺

逮捕された警官の名前は

大西智博巡査(19歳)。

警察の不祥事どころではない!

大西智博巡査(19)

こにゃにゃちは!

今日は、衝撃が走った

警官が警官を射殺したニュースをお届けします。

この事件に関する報道を

文末に転載しておきます。

事件の時系列

2018年4月11日 午前8時半

滋賀県彦根市の交番にて

井本光巡査部長大西智博巡査

2名の警察官が勤務開始

同日 午後8時半頃

交番より5キロほど離れた田んぼに

パトカーが突っ込んだのを

近くの住人が見ており通報する。

同日 午後9時

血を流した井本光巡査部長が発見される。

一緒に勤務していた大西智博巡査は行方不明。

井本光巡査部長は拳銃で撃たれた模様である。

翌12日未明

行方不明になっていた大西智博巡査

身柄が隣町の愛荘町で確保される。

同12日 午前5時半過ぎ

大西智博巡査を殺人の疑いで逮捕

同12日 午前7時

乗り捨てられたパトカーの付近で

大西智博巡査の拳銃が見つかる。

スポンサーリンク

問題が山積みです。どこから突っ込むか?

1つ目

警官が警官を射殺って・・・

とりあえず、警察学校を卒業したばかりの19歳

拳銃を持って交番勤務。

うーーん

警察官の適正ってどんなものなんでしょう?

もう、こうなってくると、

過去の言動などもしっかりと調べてからじゃないと

警察官として採用してはいけないってことになっちゃいそうですね。

しかし、公務員って責任ない人多いのかな?

盗撮するし、海外に行って回春するし、

未成年といかがわしい行為するし、

書類改ざんするし、隠す

嘘つくし、万引きするし、痴漢するし・・・

まぁ、「人間」なんだよね

とえばそうなんですけどね。

2つ目

11日午後8時半から12日午前7時までの

約11時間の間、拳銃が転がっていたという事実。

なぜ、警察は乗り捨てられていたパトカーの周りを

しっかり調べなかったのでしょうか?

犯人は、獲物は捨てるというのは

セオリーじゃないんですかね?

麻薬の売人とかも、車から捨てるのなんて

当たり前だとおもうのですがね。

警察学校では、何を教えているんでしょうか。

3つ目

拳銃の扱いってどうなんでしょう?

筆者には、元自衛官の知り合いがいるので

武器について聞いてみました。

Q、鉄砲って誰でも持ってるの?

A、任官の際に、全員貸与される。

Q、すぐ持ち出せるの?

A、武器庫に厳重管理されてて、

弾は、別に保管されているので、撃つ行為をするためには

「武器の奪取」と「弾薬の奪取」が必要。

ほぼ不可能。

Q、自衛隊でもこういうことある?

A、おそらくないと思う。

弾薬と銃が一緒になるタイミングはあるんだが

それはどのタイミングかは言えない。

関連記事

【自衛隊】自衛隊って強いの?「自衛力」と「戦力」の境目を考える。元自衛官寄稿の紹介。
自衛隊と 憲法9条 戦力って何だろう? 武力って何だろう? 自衛って何だろう?   こにゃにゃちは!…

どんな警官でも拳銃を携行できるのかなぁ?

ネット上でもいろいろ言われていますが、

卒業したばかりの警官には拳銃を渡さない。

という声がありますが、

それで、逆に殺されてしまうという

リスクもあると思う。

これは、アメリカの銃規制と同じ響きがありますね。

ただ、

警官として配属された場合

新人であろうと熟練者であろうと

一人の警官であって

能力の差があってはいけない

ということもあると思う。

警察官、警察官射殺のまとめ

今後、この問題に関しては

関係各所がいろいろ審議すると思います。

兎にも角にも

「正義の味方」

であるはずの警察官

しっかりと職務を全うして欲しい。

これだけはゆずれません。

続報があり次第お伝えいたします。

最後までお読みいただき

毎度ありがとうございます!





以下、現在報道されている記事になります。

出典:NHK NEWS WEB





続報

滋賀県彦根市の交番で警察官が拳銃で撃たれて死亡した事件で、殺人の疑いで逮捕された19歳の巡査が身柄を確保された際、「罵倒されたので拳銃で撃った」などと話していたことが捜査関係者への取材でわかりました。巡査が所持していた拳銃は午前7時に見つかり、警察は詳しいいきさつを調べています。

11日午後9時前、滋賀県彦根市の河瀬駅前交番で、この交番に勤務する井本光巡査部長(41)が頭と背中から血を流して倒れているのが見つかりました。

井本巡査部長は現場の状況から背後から拳銃で撃たれたとみられ、搬送先の病院で死亡しました。

滋賀県警察本部は11日の朝から一緒に勤務していた19歳の巡査が拳銃で撃ったとみて、市民に危険が及ぶおそれがあるとして、名前と写真を公開して行方を捜査していましたが、12日未明、隣町の愛荘町で身柄を確保し、午前5時半すぎに殺人の疑いで逮捕しました。

巡査は身柄を確保された際、「罵倒されたので拳銃で撃った」などと話していたことが捜査関係者への取材でわかりました。

また、巡査が所持していた拳銃が午前7時に逃走に使ったとみられるパトカーが見つかった田んぼ付近で見つかったということです。

滋賀県警察本部によりますと、巡査は、調べに対し容疑を認めているということです。詳しい供述の内容は捜査中だとしています。

巡査は去年4月に警察官として採用され、ことし1月末に彦根警察署の地域課に配属されたばかりで、警察は詳しいいきさつについて調べています。

目撃した男性「ふらふらした様子だった」

乗り捨てられたパトカーが見つかった畑の近くに住む男性は、11日午後8時すぎにパトカーが畑に突っ込んだところを目撃したということです。

男性は「タバコを吸いに家の外へ出たらパトカーが走っていって、ガタガタという音がしたので、見に行ってみると畑にパトカーがはまっていた。ちょうど車から警察官が降りてきて、上着を脱いで東の方に走って行くところだった。チッと舌打ちをしたように聞こえた。何か酔っているようなふらふらしている様子で、おかしいと感じたのでその場からすぐ警察に110番した」と話していました。

出典:NHK NEWS WEB

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。