強制不妊手術訴訟 人権、法律めぐり国側は反論へ(18/06/13)

旧優生保護法のもと、不妊手術を強制されたとして宮城県の女性が国に損害賠償を求めた訴訟で、国が13日午後の口頭弁論で「救済のための法律を作る義務はなかった」と反論することが分かりました。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。