「あいまいな状態は足かせに」福島第二 廃炉検討(18/06/14)

東京電力の小早川智明社長は福島第二原発について、廃炉の方向で検討に入ることに初めて言及しました。 東京電力・小早川智明社長:「あいまいな状態を続けていることが福島の復興の妨げ、足かせになる。
・・・記事の続き、その他のニュースはコチラから!
[テレ朝news] http://www.tv-asahi.co.jp/ann/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。