【重要証言】「正しい戦争だった」~海上特攻隊員が語る大東亜戦争【ザ・ファクト】

スポンサーリンク
動画
人気記事





人気記事





スポンサーリンク
スポンサーリンク

大東亜戦争末期の沖縄戦。

海軍特攻隊の隊員だった上田忠さん(90)は、昭和20年5月、
片道分の燃料だけを積んだ魚雷艇に乗り、
長崎県川棚の特攻基地から沖縄へ出撃しました。

しかしその途上で、
17機のグラマン戦闘機の襲撃に遭いました。

必死の思いで海に飛び込み、
5時間近く漂流した末、九死に一生を得ました。

当時16歳でこのような過酷な体験をした上田さんですが、
どのような思いで戦場へ向かったのでしょうか?
貴重な体験談をお聞きしました。

実際に命を懸けて戦った当人だからこそ語れる
大東亜戦争の真実が詰まっています。

こちらも読まれています!
動画報道されない事実
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。