大型の台風10号 15日ごろに西日本に上陸か(19/08/12)

スポンサーリンク
ANN
人気記事





人気記事





スポンサーリンク
スポンサーリンク

大型の台風10号は小笠原・父島の南西にあって西北西に進んでいます。15日ごろに西日本に接近し、上陸する恐れがあります。 気象庁の観測によりますと、大型の台風10号は12日午前3時には父島の南西約490キロにあって、時速15キロで西北西へ進んでいます。台風の影響で小笠原諸島では非常に強い風が吹き、海はうねりを伴った猛烈なしけとなっています。台風10号は13日にかけて日本の南を北西へ進み、その後は進路を北寄りに変えながら15日ごろには西日本に接近し、上陸する恐れがあります。東日本と西日本の太平洋側では12日午後から台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、台風が接近する前から一部で大雨となる恐れがあります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました