銃撃され中村医師が死亡 アフガニスタンで人道支援(19/12/04)

スポンサーリンク
ANN
人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

人気記事

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

WP HTTP Error: 有効な URL ではありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アフガニスタンで人道支援を続けている医師の中村哲さん(73)が、現地で銃撃を受けて死亡しました。現地の州政府高官が明らかにしたものです。

 アフガニスタンで4日、福岡市のNGO(非政府組織)「ペシャワール会」の現地代表の医師・中村哲さんが現地を車で移動中、何者かによって襲撃されました。
 ペシャワール会:「中村は右胸に銃弾を1発受けたと、受けた直後、意識はあったということで、その後、ジャララバードの病院に移送されて、そこで手術を受けていると、とりあえず命に別状はないと聞いております。ドライバーは33歳、まだ若い青年ですけど、彼が被弾して亡くなったという知らせがきています」
 中村さんは長年、アフガニスタンで農業用水路の建設などの復興に携わっています。事件当日は朝、宿舎から作業地へ移動中に襲われたとみられます。
 ペシャワール会:「襲撃者については、単なる物とりの強盗なのか政治的な意図を持った人たちであるのか分かっておりません。武装したガードがついて移動するというふうになっており、毎回、経路を変えながら移動すると、セキュリティーについては常に神経を使っております」
 中村さんたちは、2000年から大干ばつが起きていたアフガニスタンで約1600本の井戸を掘りました。また、農業用水の建設なども中村さんが先頭となってやっていました。
 ペシャワール会の会見:「中村、73歳ですけれども、現場に出ております。ドクターですけれども、ただ指示を与えるだけでなく、土木作業も先頭に立ってやってきております」
 アフガニスタンに広がる田畑。これらは中村さんらの存在なしには成し得なかったものです。現地の人たちにも尊敬されていた中村さん。アフガニスタンの大統領から市民賞を授与されました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました