カピバラと相席!?“ディスタンス”を楽しむ工夫(20/05/21)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

ソーシャルディタンスが楽しくなりそうです。

 感染予防のために人との距離を取る、ソーシャルディスタンス。でも、その距離が楽しい時間に水を差すことも。さらに、マスクの影響もあり、会話が聞き取りにくく寂しく感じる人も少なくないようです。
 楽しい時間に水を差したくない。16日に再開した伊豆の動物園の取り組みが話題になっています。園内のレストラン。女性の隣に座っているのは、大きなカピバラです。
 伊豆シャボテン動物公園・中村智昭園長:「席にカピバラとかレッサーパンダとか動物の大きなぬいぐるみを配置しまして、1席ぬいぐるみが使っていると」
 しかも、ぬいぐるみは席に座れるように特大サイズを用意。ぬいぐるみが隣に座ることで、2人組が4人組になったようで、にぎやかさも増すかもしれません。
 伊豆シャボテン動物公園・中村智昭園長:「一緒に動物(のぬいぐるみ)と相席で食事をして楽しく園内を感じてもらう。楽しいレストランにしたい」
 ぬいぐるみを使ったソーシャルディスタンスといえば、神奈川県内にある銀行でも。3人掛けのソファの真ん中にぬいぐるみを置くことで、自然と両端に離れて座ってもらえるといいます。新しい生活様式が求められるこれからの時代。楽しくソーシャルディスタンスを取る方法がもっと増えるかもしれません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました