ゴーン被告逃亡“ほう助”米国人の身柄引き渡し決定(2020年9月5日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

日産自動車の前の会長、カルロス・ゴーン被告の逃亡を手助けしたとして逮捕されたアメリカ人の親子について、マサチューセッツ州の裁判所は日本への身柄引き渡しを認めることを決定しました。

 アメリカ特殊部隊の元隊員、マイケル・テイラー容疑者と息子のピーター容疑者は去年12月、保釈中のゴーン被告の中東レバノンへの出国を手助けした疑いが持たれています。マサチューセッツ州の裁判所は4日、日本政府の要請に応じ、マイケル容疑者ら2人の身柄を引き渡す判断をしたことを明らかにしました。これを受け、アメリカの国務省が最終的に承認すれば、親子は日本に移送されることになります。検察当局によりますと、ゴーン被告と家族からマイケル容疑者らに対し、現金と仮想通貨を合わせて1億4000万円相当が送金されていたということです。弁護側は保釈中の人物の逃亡は日本では罪にあたらず、2人の拘束が不当だと主張していました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました