台風の夜に何が?女性研究員は逮捕の男と顔見知り(2020年9月14日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

台風10号が直撃した朝に熊本大学の研究員の女性の遺体が見つかった事件で、女性が住むマンションの元清掃員の男が逮捕されました。この男と女性の間に何があったのでしょうか。

 仕切り板の奥、後部座席にいるとみられるのは熊本市の無職・熊谷和洋容疑者。熊本大学の研究員・楢原知里さん(35)の遺体を遺棄した疑いで逮捕・送検されました。67歳の熊谷容疑者。警察によりますと、楢原さんが住んでいるマンションの「元清掃員」で、楢原さんと面識があったといいます。
 熊谷容疑者の自宅は楢原さんのマンションから300メートルほど。楢原さんの職場やリュックが発見された場所とも近く、遺棄現場とは目と鼻の先です。ただ、熊谷容疑者は逮捕前、熊本県の北部にいました。ニュースを見て逃走していたといいます。警察が聞き込みをするなか、浮上して任意同行を求めました。熊谷容疑者は死体遺棄については容疑を認めています。そんななか、気になるのは「誰が殺害したのか」という点。関係者によりますと、楢原さんは遺体発見の前日、午後5時前に大学の研究センターで目撃されています。一方、大学病院の立体駐車場では楢原さんのリュックが見つかっています。犯行はこの周辺で行われたのか。それとも・・・。
 警察は楢原さんの所持品については「回答を控える」としています。熊本大学によりますと、楢原さんは普段は土日が休みでしたが、遺体発見の前日は日曜日なのに研究センターにいました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました