サプライズあるか?“スガ流人事”で新内閣顔ぶれ(2020年9月15日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

16日の内閣発足を前に新閣僚の顔ぶれが少しずつ明らかになってきました。「改革意欲のある人を中心に人事を進めたい」と話していた菅新総裁。「スガ流人事」から見えてくることとは。

 安倍内閣最後の定例閣議に出席した菅官房長官。16日の菅総理大臣誕生を前に、人事に着手しています。ポスト安倍が決まったことで次に注目されているのがポスト菅。官房長官の後任は誰がなるのでしょうか。
 現在、有力視されているのが加藤勝信厚生労働大臣です。かつて官房副長官として菅官房長官を支えたことがあるほか、閣僚としての安定した答弁が評価されたとみられます。加藤厚生労働大臣の後任には田村憲久元厚生労働大臣が再起用される見通しです。この他、麻生財務大臣、茂木外務大臣、赤羽国土交通大臣、橋本オリンピックパラリンピック担当大臣が続投。坂本哲志氏、上川陽子元法務大臣の入閣が固まりました。
 一方、自民党の役員人事は決まりました。主な役職では二階幹事長、森山国対委員長が続投、幹事長代行に野田聖子氏が就任しました。菅新総裁を支持した5つの派閥や無派閥からも起用したことでバランスを取った形となっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました