河野大臣の“ハンコ廃止” 実現の可能性は?(2020年9月24日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

今度は、はんこを一刀両断です。河野太郎行政改革大臣が行政上のはんこの使用を原則廃止するよう求めていることが分かりました。果たして、実現するのでしょうか。

 慣れ親しんだ印鑑がなくなる・・・。23日に開かれた会議。河野行革担当大臣は「はんこをすぐにでもなくしたい」と発言したのです。突然思い付いたのではありません。今年4月には・・・。
 河野行革担当大臣(当時は防衛大臣):「こういうコロナの状況で果たしてはんこが必要なのか」
 テレワークが普及するなか、はんこを押すだけのために出社するケースがあると疑問を呈したのです。他にも、例えば稟議(りんぎ)書。様々な部署で様々な役職にはんこをもらう必要が。役人からはこんなぼやきも・・・。
 原子力規制庁の職員:「上司をトイレで待ち構えてはんこを押させたり・・・色々、苦労があった」
 はんこをなくすことはできるのか。
 GMOが開発した電子印鑑システム。クリックだけで押印できます。メールやSNSと同様、パスワードが漏れると大変ですが、きちんと管理すればはんこより便利。契約書などにも使えるといいます。霞が関ではどうなのか。
 環境省の職員:「いまだに出勤簿にはんこを押す」
 そんな声の一方で警察庁ではこんな話も聞かれます。
 警察官僚:「電子決済化されている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました