モデルに雨や風が・・・ 過酷ファッションショーなぜ?(2020年10月1日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

1日に都内で行われたあるファッションショー。ランウェイを歩くモデルになぜか雨が降り注いだり、風や雪が吹き付けます。この過酷すぎるファッションショーの狙いは何なのでしょうか。

 ファッションショーといっても、やがてモデルは過酷な環境を再現したステージに立たされ、そして氷の上を歩かされます。作業服メーカー「ワークマン」のファッションショーです。どうやら、会社丸ごと痛め付けられることに喜びを感じる体質なのかもしれません。招かれたアンバサダーも言いたい放題。しかし・・・。
 ワークマン専務取締役・土屋哲雄さん:「やっぱり、ファッション性がないといけないということで、アーバンアウトドアとか言っているが、そのレベルまで行ってないんですけど。それを目指しています」
 厳しい指摘は大歓迎といった様子。そして、その傾向は独自開発の生地にも表れています。釘を刺しても平気な生地。スタッフも過酷ファッションショーを体験しました。使われているのは伸縮性の高い生地。滑りにくい靴底。防水機能の高い生地。そんな過酷な環境でも中は全然、濡れていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました