安倍前総理の国会招致 自民党が年内にも検討へ(2020年12月18日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

「桜を見る会」の前夜祭を巡る問題で自民党は、早ければ年内にも安倍氏を国会に招致する方向で検討していることが分かりました。

 桜を見る会の前夜祭を巡っては、安倍氏側が5年間で800万円以上負担していた可能性があります。安倍氏は、これまで国会で「事務所が補填した事実はない」と説明していたため、野党側は「虚偽答弁を繰り返した」として国会での説明を求めていました。自民党はこれまで応じない姿勢を示してきましたが、来年の通常国会で本格的な予算審議が始まる前にけじめを付けるべきとの声が上がっていました。自民党幹部によりますと、捜査の状況や安倍氏の意向を踏まえたうえで早ければ年内にも国会招致に応じる方向で検討しているということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました