「重症の予備軍も多い」密着カメラが映すコロナ病棟(2020年12月23日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの感染拡大は収まらず、23日に発表された全国の死者は56人、重症者数は619人となりました。緊急事態宣言の発令は、重症者が増えてくると現実味を帯びてきます。これまで約30人の重症者を受け入れてきた昭和大学病院の協力のもと、重症者病棟の看護師にカメラを付けて撮影してもらいました。

容体が急変しやすい新型コロナの場合、こまめな観察は欠かせません。血液検査だけでなく、血圧や体温などのチェックは2~3時間に1回の頻度で行われます。こうした作業は、ひとたび容態が悪くなると1時間に1回になるといいます。

増え続ける重症者数について、院長はどう見ているのでしょうか。
昭和大学病院・相良博典院長:「重症の予備軍はいっぱいいますし、重症で人工呼吸器をつけていた人が外れて、その人が軽症か中等症かといったら重症なんですよね。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました