都営大江戸線で運転士15人感染 運行本数7割に(2020年12月26日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

都営地下鉄大江戸線の運転士21人が新型コロナウイルスに感染するなどしたことを受け、東京都は27日から大江戸線の本数を通常の7割程度に減らして運行します。

 都によりますと、大江戸線では15日から25日までに運転士15人の感染が確認され、現在、濃厚接触者などを含めて21人の運転士が出勤できなくなっているということです。これを受け、都は27日から大江戸線の本数を通常の7割ほどに減らして運行することを決めました。期間は来月11日までをめどにしていますが、28日に限り通勤ラッシュが予想される午前7時半から午前8時半までについては通常通りの運行を予定しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました