韓国大統領府で何が?秘書室長ら高官3人が辞意表明(2020年12月31日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

韓国大統領府の秘書室長ら高官3人が辞意を表明しました。大統領府の首席秘書官は「国政一新のきっかけを作るためだ」としています。

 辞意を表明したのは盧英敏(ノ・ヨンミン)秘書室長と金尚祖(キム・サンジョ)政策室長、金宗浩(キム・ジョンホ)民情首席秘書官の3人です。政権を支えてきた高官の辞意表明について、鄭萬昊(チョン・マンホ)国民疎通首席秘書官は「大統領が白紙から国政運営が行えるよう辞意を表明した」との考えを示しました。文在寅(ムン・ジェイン)政権の支持率は大統領自らが決断した検事総長への懲戒処分の効力が停止されたことや、新型コロナウイルスワクチンの確保の遅れなどで急落しています。政権内からもレームダック化を避けるため人事の刷新が必要だとの声が出ていました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN 動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました