プーチン氏 外国メディアの敵対行為を非難(2022年4月26日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 ロシアのプーチン大統領は外国メディアなどがロシア軍への敵対行為を行っていると主張し、言論統制をさらに強化する姿勢を示しました。

 プーチン大統領は25日、ロシアの検察当局の会議の中で「我が軍を挑発する外国メディアなどを徹底的に取り締まるべきだ」と表明しました。

 また、インターネット上の「フェイク情報」がロシア社会の秩序を損なっているとして、検察当局に直ちに対抗策を講じるよう命じました。

 プーチン氏は一方で、連邦保安庁が25日、ロシアの高名なジャーナリストの暗殺計画を阻止したとアピールしました。

 連邦保安庁は、暗殺未遂にあったのはプーチン政権を熱烈に支持するソロビヨフ氏だと発表し、ウクライナの情報機関が犯行に関与したと断定しています。

 一方、ウクライナ側は暗殺計画そのものを否定しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました