安倍元総理 慰安婦問題で遺憾 韓国代表団と会談(2022年4月28日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 自民党の安倍元総理大臣は、韓国の尹(ユン)次期大統領が日本に派遣した政策協議団と会談し、慰安婦問題について「日韓合意が破棄されたことは残念だ」と遺憾の意を伝えました。

 安倍氏は韓国の政策協議団と約30分間会談しました。

 そのなかで安倍氏は、慰安婦問題を巡る日韓合意について「お互いに批判を乗り越えなくてはいけない」と述べ、日韓合意が破棄されたことについて、「残念だ」と伝えました。

 また、元徴用工訴訟で差し押さえられた日本企業の資産について「現金化は避けなければならない」と伝えました。

 これに対して韓国側は「お互いが努力しなければならない」と応じたということです。

 北朝鮮情勢を巡っては日米韓の安全保障上の連携が重要との認識で一致しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました