今夜は夜空を眺めてみませんか?『みずがめ座エータ流星群』7日未明から明け方ピーク(2022年5月6日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

流れ星『みずがめ座エータ流星群』がゴールデンウイークに見ごろを迎えます。7日未明から明け方にかけてが観測のピークということで、東京都内でも多くの人が夜空を見上げています。

東の空に浮かぶ『みずがめ座』。流星群はその近くを起点に放射状に現れます。

1時間で10個ほども現れる流星群はどこからやってきたのでしょうか。

76年に一度、地球に接近する『ハレー彗星』は、無数のチリを軌道に残していきます。

ハレー彗星の軌道と地球の軌道とが水瓶座の方角で重なった時、ハレー彗星のチリが地球の大気に突入して流れ星になり、みずがめ座流星群となります。

子ども:「(Q.流れ星に願い事するなら?)宇宙人」
母親:「宇宙人に会いたいんだよね」
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました