ウォーホルの「マリリン・モンロー」肖像画 250億円で落札(2022年5月10日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 アメリカ・ポップアート界の巨匠、アンディ・ウォーホルの代表作として知られる「マリリン・モンロー」の肖像画が約250億円で落札されました。

 イギリスの大手オークション会社のクリスティーズは9日、アンディ・ウォーホルの作品「マリリン・モンロー」の肖像画が1億9500万ドル、日本円で約250億円で落札されたと明らかにしました。

 落札者は発表されていません。

 クリスティーズによりますと、この作品は20世紀の絵画で最も高額で、また、アメリカ人アーティストの作品としても最高額を更新したということです。

 これまでは2017年に落札されたバスキアの作品がトップで、衣料品通販大手のZOZO創業者・前澤友作さんが落札したことでも話題となりました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました