立憲議員“無断”でウクライナ渡航 役職1カ月停止の処分(2022年5月10日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 立憲民主党の小熊慎司幹事長代理がゴールデンウィークに国会に無断でウクライナへ渡航していたことが分かりました。

 小熊氏は先月30日に「ウクライナ避難民支援の状況調査のため」としてポーランドに入り、その後、今月5日にウクライナ西部のリビウに入りました。

 国会議員は会期中に海外渡航する場合には届け出が必要で、ポーランドなどへの渡航については国会の許可を得ていましたが、ウクライナについては届け出ていませんでした。

 小熊氏はテレビ朝日の取材に「国会の手続きに瑕疵(かし)があったことは反省しないといけない。避難民を見て義憤に駆られた」などと説明しています。

 立憲民主党は「国会の議決に反する行動は問題だ」として小熊氏を注意し、党の役職を1カ月間、停止する処分を決めました。

 外務省はウクライナに退避勧告を出し、渡航しないよう呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました