ソフトバンクG 日本企業で2番目に大きい赤字1.7兆円(2022年5月12日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 ソフトバンクグループが発表した2022年3月期の連結決算は1兆7080億円の最終赤字となりました。日本企業で過去2番目に大きい赤字額です。

 ソフトバンクグループ・孫正義会長兼社長:「今の状況は守りの姿勢を固める状況の時だと我々は認識している」

 ソフトバンクグループの2022年3月期決算はロシアのウクライナ侵攻で投資先の株価が下落し、多額の損失が生じたことなどから1兆7080億円の最終赤字となりました。

 これは、みずほフィナンシャルグループが2003年3月期に計上した2兆3771億円に次ぐ日本企業で過去2番目に大きい赤字額です。

 孫社長は今後の投資について大幅に減らす方針を明らかにしました。

 ソフトバンクグループは、前期の決算では日本企業で歴代最高の5兆円近い黒字を計上しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました