異例の補正予算案が閣議決定・・・予備費の補充が主目的(2022年5月17日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 政府は原油高や物価上昇に対応した緊急経済対策に充てる約2兆7000億円の補正予算案を閣議決定しました。

 鈴木財務大臣:「予期せぬ財政事情に迅速に対応し、国民の安心を確保するために必要な措置であると考えている」

 補正予算案は総額2兆7009億円で、すべて国の借金となる国債で賄います。

 ガソリン価格を抑えるための補助金などに1兆1739億円、緊急経済対策の一部に充てた予備費などを補充するために1兆5200億円を計上しています。

 予備費は国会の承認なしで使い道を決められますが、その埋め戻しを主な目的とした今回の補正予算案は異例の編成で、国会で議論になりそうです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました