知床沖で観光船沈没 船体を作業船上に引き揚げへ(2022年5月24日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 北海道の知床半島沖で観光船が沈没した事故で、沈んでいた船体が24日にも作業船の上に引き揚げられます。

 知床沖の海底120メートルに沈んでいた「KAZU1」は23日午後4時ごろ、海面の下およそ20メートルまでつり上げられました。

 「KAZU1」はそのまま水中で作業船「海進」に固定し、曳航(えいこう)されていて、24日に斜里沖に到着後「海進」の上に引き揚げられる見通しです。

 その後は、最大で2、3日かけて船内にたまった水を抜き、早ければ26日にも網走港に陸揚げされる予定です。

 事故から1カ月経った現在も12人の行方が分かっておらず、23日も海上保安庁などが捜索を行いましたが、新たな手掛かりは見つかっていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました