女性役員割合向上で新方針「役員候補の女性育成を」(2022年6月16日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 女性役員の割合を向上させようという企業間の取り組みで、役員候補となる女性の育成を進める新たな方針が発表されました。

 「30%ClubJapan」は国内のおよそ70社が参加し、2030年までに取締役会の女性の割合を3割にすることを目的に3年前から始まった取り組みです。

 候補となる執行役員や部長職の女性の育成が十分に進んでいないとして、各社が自主的な目標を設定することを新たに決めました。

 議長を務める魚谷雅彦資生堂社長:「トップのコミットメント、リーダーシップが非常に重要です。多様性を高めることは企業価値を高めることになるんだと各経営トップがしっかり発信する」

 女性役員の割合は欧米では3割から4割程度となっていますが、日本ではおよそ1割にとどまっています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました