「行動制限ではなく重症化リスクに応じた受診検討を」現場医師語る“医療逼迫の実態”(2022年7月24日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

新型コロナの“第7波”の状況を受け、医療現場の現状などについて、埼玉医科大学総合医療センター 岡秀昭教授にお話しを伺います。

Q. “第7波”は“第6波”までとは何が違う?
(埼玉医科大学総合医療センター 岡秀昭教授)
〇“第7波”は軽症者が多く、外来を中心に過去にないひっ迫
〇ワクチンの4回目接種が医療従事者に行われていない。医療従事者の感染、院内クラスターが頻発

Q. 行動制限についてはどう考えている?
(埼玉医科大学総合医療センター 岡秀昭教授)
〇軽症者が多いのも事実
〇飲食・旅行の制限ではなく、重症化リスクに応じて受診の検討を

7月24日『サンデーステーション』より
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました