【速報】米ロ外相が電話会談 ロシアのウクライナ侵攻後初めて(2022年7月30日)

スポンサーリンク
ANN
スポンサーリンク

 アメリカのブリンケン国務長官はウクライナ侵攻後初めてロシアのラブロフ外相と電話会談したと明らかにしました。

 ブリンケン国務長官:「世界は(占領地の)併合を認めない。ロシアが計画を進めればさらなる代償を科す」

 ブリンケン国務長官は29日にラブロフ外相と会談し、ウクライナの領土を併合する計画などは絶対に受け入れられないと伝えたと明らかにしました。

 また、ウクライナ産穀物の輸出再開についてはロシアが「約束を守ることを世界は期待している」と伝えたということです。

 さらに、ロシアで拘束されているアメリカ人2人の解放に向けて「実質的な提案」を受け入れるよう強く求めたとしています。

 一方、ロシア外務省によりますと、ラブロフ氏は「西側諸国によるウクライナへの武器供給は紛争を長引かせるだけだ」と述べたということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

こちらも読まれています!
ANN動画
スポンサーリンク
kosu-usaをフォローする
ニュースなう!芸能情報・事件や事故、みんな気になる情報を配信!

コメント

タイトルとURLをコピーしました