【水道から灯油】コーヒーが妙な味・手洗ったら水弾いた。被害は1万世帯

【写真:中日新聞】給水用の水を消火栓から採る市職員ら=駒ケ根市で

【写真:中日新聞】給水用の水を消火栓から採る市職員ら=駒ケ根市で

長野県駒ケ根市

9月23日

水道水に灯油が混入し

蛇口から、変な匂いのする

水が出て来たと言う事だ。

安全であるべき水道から、

危険物指定されている

液体が混入して

出て来た事は、

今までの水道史初の

出来事ではないのだろうか。

被害発覚から、被害範囲や

原因の追及をし、約2時間半後に

ようやく市民への周知を行った。

被害の範囲は天竜川の西側一帯の

九千八百世帯。

東側は県上伊那広域

水道用水企業団からの

配水に切り替え、

汚染の影響を抑えた。

だが、切石浄水場のタンクなどの

洗浄が間に合わず、

西側の三千世帯八千人は

二十四日も被害が続いたそうだ。

スポンサーリンク

市長記者会見

23日、杉本幸治市長は

市役所で記者会見し、

「多くの市民にご迷惑をお掛けし、

申し訳なく思う。

復旧に全力を挙げる」と陳謝。

市民からの通報内容としては、

  • コーヒーが妙な味だった
  • 薬と一緒に飲んだ水道水はのどに引っ掛かかった
  • 顔を洗ってもせっけんの泡立ちが悪い
  • 手を洗ったら、水を弾いた

などであったそうだ。

一番困ったのは、

医療関係である病院だ。

被害範囲内である、

昭和伊南総合病院では

受水槽があるので、

被害到達まで、若干の時差が生じ

午後1時頃から、油臭い水が出たそうだ。

すぐに使用を禁止し、

市に対し給水車の手配を要請した。

それでも、約30分は

医者や看護師が手を洗って

医療行為をすることが

出来ない状況だったそうだ。

杉本市長は原因施設の具体名を明らかにせず、

「大雨の影響で灯油流出に気付くのが遅れ、

故意ではなかったと聞いている」とし、

賠償請求などは今後検討するとした。

コメント

朝起きて、

水道から水以外の液体が

出てくることを、

想像したことはありますか?

多分ないですよね。

シャワーを浴びてて

水になると言う事はあっても、

灯油が出てくると言う事は

想像できません。

ただ、これだけの範囲に

灯油の影響が出ると言う事は、

相当量の混入があったと

考えていいのではないかと思う。

これは、

「水道水」に「毒」を仕込むのは

すごい簡単な事。

になるのじゃないかな。

なんて思いますね。

充分な調査と原因の解明と

対策を「全国」で

しっかりと行ってもらいたいものです。

【参考動画】水道管の洗浄は大変です!