【怖い・鉄板落下】《2回目》高架橋から重さ3キロの鉄板が歩道に落ちる!

JR西日本は1日、

大阪市港区南市岡3丁目の

大阪環状線弁天町―大正駅間の高架橋から、

重さ約3・3キロの鉄板

(長さ約2メートル、幅約10センチ)が

約5・5メートル下の

国道172号の歩道に落ちたと発表した。

けが人はなかった。

老朽化で落下した可能性があるという。

JR西によると、

1日午後4時35分ごろ、

通行人から「鉄板が落ちている」と

連絡があった。

鉄板は通信ケーブルを保護するカバーで

傷みがみられるという。

出典:朝日新聞社

スポンサーリンク

いてぇなんてもんじゃねぇ

想像してみてください。

上から3キロの鉄板て、

志村けんのコントなじゃいんだからw

私が調べたところ、

この鉄板落下は、

初めてではない!!

前回は、

○平成28年7月20日(水)

国道43号大和田高架橋

(大阪市西淀川 区出来島二丁目地先)

において鉄板が落下し

車両損傷があったとの連絡があり、

現地確認したところ鉄板を発見しました。

○そのため、当該橋梁について

即日に高所作業車での緊急点検を実施し、

さらに落下が想定される鉄板が

確認されたため、

落下が予想される鉄板を回収し

安全を確保したところです。

○なお、落下した鉄板については

橋梁の構造上に関係の無い部材である ため、

橋梁の安全性については問題ありません。

○また、落下した鉄板により

車両の損傷は確認していますが、

けが人等 はありません。

◆確認日:平成28年7月20日(水)

(16時20頃出張所へ連絡あり)

◆場 所:大阪市西淀川区出来島二丁目地先

◆落下した鉄板:1枚

(200mm×225mm×6mm 1.6kg)

◆調査で回収した鉄板:1枚

(200mm×250mm×6mm 約 1.5kg)

◆橋梁の諸元:橋長539.5m 1991年(H3年)架設

出典:国土交通省近畿地方整備局

はい

ソースは、「国土交通省」です。

アウトです。

場所はほど近く、

落下した状況も極似している。

管轄が「JR」と「国土交通省」の

違いはありますが、

あの辺りは高架橋だらけだから、

同じような時期に

建造されたのかも知れないですね。

おそらく、工法もそんなには

違わないと思うのですが。

一度あったら

「もしかしたら」の精神で、

一度チェックしてもらわないと、

おちおち道もあるけませんな。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。