【青森産新米:あさゆき】実勢価格は700~1000円/キロ青空レストランで紹介

【画像出典:www.toonippo.co.jp】新米あさゆき

【画像出典:www.toonippo.co.jp】新米あさゆき

こにゃにゃちは

10月8日放送の

満天☆青空レストランで紹介ました、

青森の新米「あさゆき」を紹介します。

新米あさゆき

青森県産米新品種「あさゆき」8日マエダで発売
青森市の農家でつくる粋生(いきいき)農園「五ツ星グループ」が作付けした県産米新品種「あさゆき」が8日から、県内のマエダストア全30店舗で販売される。冷めても食味が低下しにくいのが特長で、同グループは「青天の霹靂(へきれき)に負けないおいしさ」とPRしている。

出典:Web東奥

一番気になる価格は?

1000円弱/キロ

位です。

参考価格

お米の専門店石うす屋さん 1999円 / 2キロ

999.5円 / 1キロ当たり

川島米穀店さん 4380円 / 5キロ

876円 / 1キロ当たり

つくしやさん 19800円 / 30キロ (玄米)

660円 / 1キロ当たり

スポンサーリンク

どうでしょう?

新米としては、まずまずの

価格なのではないでしょうか?

特徴

あさゆきは、

新ブランドのお米になります。

中生の低アミロース米。アミロース含有率の年次変動が「ねばりゆき」に比べて小さく、安定している。

早晩性:既存の低アミロース米「ねばりゆき」より熟期がやや早い「中生の早」

障害型耐冷性:強

葉いもち抵抗性:やや強
穂いもち抵抗性:強(圃場抵抗性遺伝子”Pb1”を保有)
穂発芽性:難

玄米はやや白濁(「あさゆき」の命名イメージ)。
一般的な粳品種に比べて炊飯米の粘りが強く、軟らかいため、食味向上のための混米用や、冷凍押し寿司などの加工調理用として利用できる。

引用:青森産業技術センター

お米

低アミロースって?

うーーーん

引用しようと思ったんですが、

なんか、難しいことばっかり

書いてあったので、

私が3行でまとめると

アミロースが多いと

ご飯がパサパサで

美味しくない

だって。

イメージ的にアミロース含有量

もち米<低アミロース<うるち米

もち米に近くなるので、

もちもち食感で美味しいんだって。

ということで、

今年の新米は「あさゆき」から

スタートしてみましょうかね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。