【飲酒事件】未成年飲酒?名前を調べた結果!男子スノーボード・ハーフパイプ

スノーボード

こにゃにゃちは

10月27日に報道された、

男子ハーフパイプ強化選手の

未成年飲酒について、

該当選手の情報を探ってみました。

※確定情報ではありません

2016年11月28日追記

続報が出ました!

最新記事はこちら

【未成年飲酒】《名前確定?》発覚!

結果3名が未成年飲酒をしていた!

記事最下部にも同リンクを掲載してあります

スポンサーリンク

男子ハーフパイプ未成年強化選手

現在強化選手に指定されている

男子ハーフパイプの未成年者は

以下の3名が公式HPに掲載されている。

  • 安藤 南位登
  • 岡本 航
  • 戸塚 優斗

上記のなかで、お店で飲酒して

不自然ではない選手は

安藤選手と岡本選手だが、

真相はいかがなものか?

他情報サイトでは6名となっていますが、

戸田大也選手、高原宣希選手、手計岳隆選手

上記3名は、ハーフパイプの強化選手ではありません。

ただ、現在の情報では、

処分は来月の理事会で決定するとのことですので、

まだ、HP上からは削除されていないのでは?

と思います。

27日現在、HPに掲載されているということは、

事前に削除されていた場合、

当該選手は無関係となる。

参考資料として2015-2016年での

未成年強化指定選手は

  • 今井 郁海
  • 安藤南位登
  • 穴井 一光
  • 岡本 航

の4選手である。

既に削除済み?

既に、消されているのであれば、

今井選手と穴井選手という線があるが、

両選手の情報を調べると、

2016/2017シーズンでの強化指定は

なさそうである。

どちらかというと、

プロの方に力を入れている模様。

色々情報を探ってみましたが、

なかなかでてきませんね。

引き続き調査したいと思います!

まとめ

先日、大麻使用で除名された選手もおり、

なかなか、やんちゃなイメージのあるスポーツですが、

あながち、そんなわけではないそうです。

どちらかというと、プロのボーダーの方が

硬い、というイメージがありますね。

やはり、スポンサーにお金を出してもらっている、

自分自身が商品である事を理解しているからこその

行動をしている。

というイメージです。

格闘技でも、よくキャラ作りをしている

選手がいるのと同じで、

素の選手と、表に出ている情報に、

かなりの温度差がある事は、往々にしてありますね。

そして強化費用の「返還」を検討する。

としていますが、そりゃ当然だろう。

未成年とはいえ、自分の立場をシッカリと

考えた上での行動をしないと、

痛い目を見るのは当然の報いではないでしょうか?


安藤 南位登:プロモーション動画

岡本 航:プロモーション動画

報道記事

全日本スキー連盟(SAJ)は26日、スノーボード男子ハーフパイプの未成年の強化指定選手2人が2月の全日本選手権後、札幌市内の飲食店で飲酒していたと発表した。氏名や年齢は公表しなかった。同席していた成年の強化指定選手2人も飲酒を黙認しており、行動規範に違反していると判断。4人が受給している日本スポーツ振興センターの助成金の返還を検討する。来月の理事会で正式な処分を決める。

引用:時事ドットコム

最後までお読み頂き

毎度、ありがとうございます!

2016年11月28日追記

続報が出ました!

最新記事はこちら

【未成年飲酒】《名前確定?》発覚!

結果3名が未成年飲酒をしていた!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。